>キッズページ>やってみよう!エコな取り組み

やってみよう!
エコな取り組み

「3つのR」を心がけることで、ごみを減(へ)らすことができます。3Rは順番も大切。
まずは、ごみを出さないことが第一【リデュース】。次に、まだ使えるものは、ごみとして出さずにくり返し使います【リユース】。
それでも出てしまったごみは分別して資源(しげん)として再利用(さいりよう)しましょう【リサイクル】。
一人ひとりができるエコな取り組みで、リサイクルのわを広げましょう。

ようき・つつみの場合いちばん上にもどる

ようきやつつみをできる限(かぎ)りごみにしないためには、どうすればいいかな?

すぐ食べるくだものや野菜などは、ばら売りのものがあればえらぶ。
ルールを守り、資源(しげん)ごみとしてごみ出しをする。
スーパーマーケットなどの回収(かいしゅう)ボックスにいれる(トレイ)。
もえるごみ、もえないごみとして出さない。
ポイ捨(す)てをしない。

新聞紙などの紙類の場合いちばん上にもどる

新聞紙、マンガ、雑誌(ざっし)など、できる限(かぎ)りごみにしないためには、どうすればいいのかな?

ルールを守り、資源(しげん)ごみとしてごみ出しする。
集団回収(しゅうだんかいしゅう)に出す。
駅などの回収(かいしゅう)ボックスに入れる。
もえるごみに出さない。
ポイ捨(す)てをしない。
雑誌(ざっし)や本はお友だちと交換(こうかん)して読む。
読み終えた本などはリサイクルショップにもっていったり、
寄付(きふ)をする。

日用品・衣類(もえるごみ・ふねんごみ)の場合いちばん上にもどる

日用品や衣類をできるかぎりごみにしないためには、どうすればいいのかな?

必要かどうか考える【リデュース】。
長く使えるものを買う【リデュース】。
使用後にリサイクルできないものはムダづかいをしない【リデュース】。
こわれたおもちゃなどは修理(しゅうり)して使う【リデュース】。
裏紙(うらがみ)をメモ用紙として使う【リユース】。
最後までしっかりと使いきる。
使わなくなったおもちゃや衣類などは、必要な人にゆずる【リユース】。
市町村の決めたルールに従(したが)って分別し、
ごみ出しをする【リサイクル】。

食べもの(なまごみ)の場合いちばん上にもどる

食べものをムダにしないためにはどうすればいいのかな?

食べられる量だけお皿にとって、のこさず食べる

しっているかな?
「かんきょうラベル」のこと

リサイクル製品(せいひん)やエコ製品(せいひん)の多くは、目印としてリサイクルに関係するマークがついています。このマークを、「かんきょうラベル」といいます。
かんきょうラベルがついた製品(せいひん)を選んで使うことも大切です。

環境ラベルについては、
環境省のページ(外部リンク)をご覧ください。
https://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/f01.html

グリーンこうにゅうをやってみよう!いちばん上にもどる

できるだけごみを少なくして資源循環型(しげんじゅんかんがた)のくらしを目指すには、一人ひとりの取り組みが大切です。

シャンプーなどは、つめかえ用の製品(せいひん)を選ぶ。
すぐ食べる果物や野菜などは、ばら売りのものがあれば選ぶ。
すぐごみとなるようき・つつみは、その量が少ない製品(せいひん)を選ぶ。
洗剤(せんざい)などは、少ない使用量で済(す)むものを選ぶ。
長く使える製品(せいひん)を選ぶ。
リターナブルびん入りの飲み物や食べ物を選ぶ。
ごみを資源(しげん)にもどして作り変えた「リサイクル製品(せいひん)」や
かんきょうへの影響(えいきょう)が少ない「エコ製品(せいひん)」を選ぶ。
リサイクルがしやすいつくり、リサイクルしやすい材料を
使った製品(せいひん)を選ぶ。など
トップに戻る