>キッズページ>覚えてみよう!用語辞典

覚えてみよう!用語辞典

ごみを処理(しょり)するための装置(そうち)の名前や専門(せんもん)用語について調べてみましょう。

あ行いちばん上に戻る

あっしゅく

圧縮

モノなどを強い力で押し付け圧力を加えることで、体積を小さくすることを言います。リサイクルの森プラスチック圧縮梱包施設では、容器包装プラスチックを圧縮して体積を小さくすることで、たくさんの量を運べるようにしています。
あーるでぃえふ

RDF

ごみを有効に利用するために、家庭から出る生ごみ、紙類、プラスチックごみなどを加熱、圧縮して固めた燃料のことを言います。桑名広域清掃事業組合では、令和元年9月15日まで、RDFを製造していました。RDFは、三重県企業庁の発電所に送られて電気を作るための燃料になっていました。令和元年9月16日からは、可燃ごみ焼却施設で、ストーカ方式によりごみを燃やして電気をつくり、灰をリサイクルする処理方法になりました。
えあかーてん

エアカーテン

空気の流れでつくる目に見えないカーテンのことです。リサイクルの森可燃ごみ焼却施設では、プラットホームへの出入り口にエアカーテンが設置され、ごみ収集車などが出入りする際に、なかの臭いが外にもれないように工夫されています。
えこのまいざ

エコノマイザ

ボイラの出口に設置します。ボイラでは、ごみを燃やしたときに出る熱を利用して高温・高圧の蒸気を作りますが、蒸気を作ったあとの余熱を利用して、ボイラに送る水を温めます。このように、ごみ処理の流れのなかでは、熱やエネルギーを有効に活用しています。
えすでぃーじーず

SDG‘s

Sustainable Development Goals(サステナブルデベロップメントゴールズ/持続可能(じぞくかのう)な開発目標(かいはつもくひょう))を省略(しょうりゃく)したいい方(かた)です。
2015年(ねん)9月(がつ)に、国連(こくれん)サミットという国際的(こくさいてき)な会議(かいぎ)が開(ひら)かれて、いろいろな国(くに)の首相(しゅしょう)など、リーダーが集まり、国際社会(こくさいしゃかい)共通(きょうつう)の目標(もくひょう)を決(き)めました。
世界(せかい)にはたくさんの国(くに)があり、いろいろな人々(ひとびと)が生活(せいかつ)をしていますが、貧(まず)しく学校(がっこう)に行(い)って勉強(べんきょう)できない子(こ)どもたちがいたり、十分(じゅうぶん)に食事(しょくじ)をすることができない人(ひと)たちもいます。
また、水(みず)や空気(くうき)の汚(よご)れで困(こま)っている地域(ちいき)や、資源(しげん)を取(と)りすぎて、環境(かんきょう)が破壊(はかい)されている地域(ちいき)もあります。
2030年(ねん)までに世界中(せかいじゅう)の人々(ひとびと)が豊(ゆた)かに幸(しあわ)せに暮(く)らせることを目指(めざ)して、17の目標(もくひょう)を作(つく)りました。
ものを大切(たいせつ)に最後(さいご)まで使(つか)うことでも、目標達成(もくひょうたっせい)に協力(きょうりょく)できます。
えねるぎー

エネルギー

エネルギーとは、ものが持っている「仕事をする力」のことを言います。わたしたちのまわりには、太陽、火、光、熱、風、音など、たくさんのエネルギーがあります。私たちが活動するためにもエネルギーが必要です。ここリサイクルの森でも、ごみを燃やすことで発生する熱エネルギー、太陽光などの自然エネルギーを効率的に利用しています。
えんかすいそ

塩化水素

ごみを燃やすとき、ごみに含まれる塩素が炭酸ガスや二酸化硫黄などと反応して、塩化水素ガスが発生します。刺激臭のある気体です。要監視基準値と運転基準値を設定し、確実に除去します。

か行いちばん上に戻る

かねつき

過熱器

過熱機は、ボイラ本体でつくられた蒸気をさらに加熱し、高温高圧の蒸気にする装置です。
かねんごみ

可燃ごみ

燃やして処理をするごみです。おもに生ごみや木くず、ゴム製のごみ、汚れてリサイクルのできない紙くず、プラスチック製品などがあります。分別は、お住いの地域の分別ハンドブックを参照してください。
かんきょう

環境

人や生き物をとりまいているまわりの状況のことです。たとえば、自然環境は、大気・水・土壌・地質・天候など、人の手が入らないものごとや状況のことです。
きゅうじんそうち

給じん装置

ごみを焼却炉に送り出すための装置で、焼却炉の入口付近にあります。
くれーん

クレーン

人の力では動かすことのできない重たいものを移動させるための装置です。リサイクルの森可燃ごみ焼却施設にあるごみピットでは、クレーンにバケットとよばれる大きな爪を持つ設備を取り付け、ごみを混ぜたり、焼却炉にごみを投入する仕事をしています。一度に最大4トン程度のごみをつかむことができます。
けいりょうとう

計量棟

ごみ収集車や一般の持ち込みの車が、車ごとごみの重さをはかる計量器が設置された場所です。入口では、車の重さとごみの重さをはかります。その後ごみを捨て、出口では、車の重さだけをはかります。入口と出口の重さの差がごみの重さになります。
げんりょう

原料

物を作るためのもとになる素材のことを言います。完成した製品等を見たときに、もとの素材の原型がないものは原料、もとの素材の原型があるものを材料と言います。
こんしぇるじゅ

コンシェルジュ

コンシェルジュとは元々フランス語で、管理人という意味の単語でした。現在では、ホテルの世話係などのように総合的に案内などを行う人の職種名として使われることが多くなりました。リサイクルの森には、ごみ処理や3Rについて、地域の皆さまと一緒に考え学んだり、施設の案内役をつとめるコンシェルジュがいます。
ごみしゅうしゅうしゃ・ぱっかーしゃ

ごみ収集車・パッカー車

ごみを集める車をごみ収集車・パッカー車といいます。車の後に板があり、ごみをつぶしながら車のなかに押し込むしくみになっています。ごみを集めたら、リサイクルの森に運んできます。
生ごみなど、水分が多いごみからは、汚れた水が出るため、道路などに流れてしまわないようにタンクが設置されているなど、工夫されています。
ごみとうにゅうほっぱ

ごみ投入ホッパ

ごみピットでよく混ぜられたごみは、ごみ投入ホッパから焼却炉に投入されます。リサイクルの森可燃ごみ焼却施設には、2つの焼却炉があり、それぞれにごみ投入ホッパがあります。
ごみのぶんべつ

(ごみの)分別

おうちから出(で)るごみを、ごみの処理(しょり)のしかたによって、種類(しゅるい)ごとに分(わ)けることをいいます。
地域(ちいき)ごとに分(わ)け方(かた)が決(き)まっています。桑名市(くわなし)、木曽岬町(きそさきちょう)、東員町(とういんちょう)では、「ごみの出(だ)し方(かた)ハンドブック」を作(つく)って、住民(じゅうみん)の皆(みな)さまに配布(はいふ)しています。
リサイクルの森(もり)のホームページでも見(み)ることができます。
ごみぴっと

ごみピット

ごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)が集(あつ)めてきたごみを投入(とうにゅう)し、ためておくところです。リサイクルの森(もり)可燃(かねん)ごみ焼却施設(しょうきゃくしせつ)のごみピットは、ごみを受(う)け入(い)れる受入部(うけいれぶ)とごみをためて混ぜる貯留部(ちょりゅうぶ)に分(わ)かれています。
ごみをもやすおんど

ごみを燃やす温度

有害なダイオキシン類の発生をおさえるため、ごみを燃やすときの温度は850℃以上(900℃以上が望ましい)で、燃やすこととされています。

さ行いちばん上に戻る

さいしゅうしょぶんじょう

最終処分場

最終処分場は、ごみを燃やしたあとの灰や、細かく砕いた不燃ごみなどのうちリサイクルできないごみを埋め立てるための施設です。リサイクルの森ではごみを燃やしたあとの灰は100パーセントリサイクルしています。
さすてぃなぶる

サスティナブル

サステナビリティ(Sustainability)とは、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。 サステナブル(Sustainable)とは、本来は「維持できる」「耐えうる」「持ちこたえられる」を意味する形容詞です。
ざんさ

残さ

溶かしたり、ろ過したりしたあとに残る不溶物や残りかすのことを言います。
しげん

資源

生産活動のもととなる物資。ごみをリサイクルして、再び原材料やエネルギーとして利用することを再資源化と言います。
しゅうじんそうち

集じん装置

ごみを燃やすときに出る排ガスをきれいにする装置です。内部には***本のフィルタが設置されています。
しーとしゃったー

シートシャッター

金属(きんぞく)ではなく、布(ぬの)やプラスチックなどのシートで作(つく)られたシャッターのことをいいます。リサイクルの森(もり)では、プラットホームの2つの扉(とびら)のうち、内側(うちがわ)に使用(しよう)されています。高速(こうそく)で開閉(かいへい)するため、ごみの臭(にお)いを外(そと)にもらさないようになっています。
じぇっとぱっかーしゃ

ジェットパッカー車

ジェットパッカー車は、粉状のものをタンクに積み運搬する車両です。リサイクルの森では、飛灰を輸送するときにジェットパッカー車を利用しています。
じせんき

磁選機

磁石の力を使って、鉄分を取り出す機械です。取り出した鉄は、リサイクル工場で、再生資源として利用されます。
じゅんかんがたしゃかい

循環型社会

自然界の天然資源採取をできるだけ減らし、ごみになるものをできるだけ出さない、ものを大切に使いきる、資源を再利用する社会のことを言います。実現するには、一人ひとりが3Rの取り組みを進めていくことが重要です。
じょうき

蒸気

液体が蒸発して気体になった状態のことを言います。水蒸気は水が蒸発したものです。やかんでお湯を沸かし沸騰したときに、やかんの吹き出し口近くの目に見えない透明の部分が水蒸気です。
じょうきたーびん・はつでんき

蒸気タービン・発電機

蒸気タービンは、高温・高圧の蒸気をタービンに当てることで、回転力する力に変換する装置です。回転する力は発電機で、電力に変換されます。自転車をこぐとライトに明かりがつくしくみと同じしくみです。
じょうきふくすいき

蒸気復水器

発電(はつでん)に使(つか)ったあとの蒸気(じょうき)を水(みず)に戻(もど)す装置(そうち)です。発電(はつでん)で弱(よわ)まった蒸気(じょうき)がパイプを通(とお)っていて、下(した)からファンが回転(かいてん)し風(かぜ)を送(おく)って冷(ひ)やすことで、蒸気(じょうき)は水(みず)に戻(もど)ります。水(みず)が蒸気(じょうき)になり、また水(みず)に戻(もど)るというのを繰(く)り返(かえ)すことで、水(みず)も大切(たいせつ)に使(つか)っています。
すとーかほうしき

ストーカ方式

リサイクルの森(もり)の焼却炉(しょうきゃくろ)は、ストーカ方式(ほうしき)とよばれるタイプの焼却炉(しょうきゃくろ)です。
ストーカ方式(ほうしき)の焼却炉(しょうきゃくろ)は、火格子(ひごうし)とよばれる高温(こうおん)の熱(ねつ)に強(つよ)い金属(きんぞく)の板(いた)が階段(かいだん)のように並(なら)んでいて、一(ひと)つおきにゆっくりと前後(ぜんご)に動(うご)いています。
前後(ぜんご)にゆっくりと動(うご)くことで、ごみを少(すこ)しずつ前(まえ)に送(おく)り出(だ)すことができます。焼却炉(しょうきゃくろ)は、ごみをしっかりと乾燥(かんそう)させる乾燥帯(かんそうたい)、850度(ど)以上(いじょう)の温度(おんど)でしっかりと燃(も)やす燃焼帯(ねんしょうたい)、完全(かんぜん)に灰(はい)になるまで燃(も)やす後燃焼帯(あとねんしょうたい)の3つのゾーンに分(わ)かれています。
ごみピットでよく混(ま)ぜられて均質(きんしつ)になったごみを時間(じかん)をかけて燃(も)やすことで安定(あんてい)・安全(あんぜん)なごみ処理(しょり)を行(おこな)っています。

た行いちばん上に戻る

たいき

大気

地球をとりまく気体の層のことで、窒素・酸素が主成分です。太陽からの有害な紫外線をさえぎり、地球から宇宙への熱の放散を防ぎます。
だいおきしん

ダイオキシン

ダイオキシン類は、ものを燃やす過程などで自然に生成してしまう物質です。環境中には、非常にわずかですが、広く存在しています。
ごみを燃やす過程で生成されるダイオキシン類は、集じん装置などで確実に除去します。
だっきき

脱気器

低圧蒸気復水器で、蒸気を水に戻したあと、脱気器で水に溶けている酸素を取り除きます。
酸素が多く含まれていると、ボイラや配管などがいたんでしまうためです。
だんぴんぐぼっくす

ダンピングボックス

一般の方がごみを持ち込んだときは、ごみピットに直接ごみを入れるのではなく、ダンピングボックスを利用していただきます。ダンピングボックスにごみを置き、傾斜させることで、ごみを投入できるため、落下などを防ぐことができます。また、一度ごみを広げることができるため、誤って不適物が混入することを防ぐこともできます。
ちっそさんかぶつ

窒素酸化物

窒素の酸化物の総称であり、通称ノックス(NOx)とよばれています。高温で、物が燃えるときに空気中の酸素と窒素が化合してできます。ごみ処理施設では、排出基準が定められていますが、リサイクルの森では、

は行いちばん上に戻る

はいがす

排ガス

ごみを燃やすときに出るガスを排ガスとよんでいます。排ガスには、ばいじん、硫化酸化物、塩化水素、窒素酸化物、ダイオキシン類などの有害な物質が含まれるため、集じん装置や薬品等により、きれいな状態にします。
はいがすきせいち

排ガス規制値

ごみを燃やすときに出る排ガスの中には、ばいじん、塩化水素(HCl)、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、ダイオキシン類などの有害な物質が含まれています。法律で排出濃度などが規制されています。リサイクルの森では、法律よりもきびしい規制値を設定し監視をすることで、安全にごみ処理を行っています。
はいき(ぶつ)

廃棄(物)

廃棄(はいき)は捨(す)てることをいいます。廃棄物(はいきぶつ)は、捨(す)てられるもののことで、ごみのことをいいます。
はいねつ

廃熱

機器類などの内部で発生した熱を排出すること、または排出された熱のことを言います。ごみを燃やすときには高温の熱が発生しますが、熱を利用して電気を作るなど、廃熱を有効利用しています。
はさいき

破砕機

ごみなどを細(こま)かく砕(くだ)くための機械(きかい)です。リサイクルの森(もり)のリサイクルプラザでは、不燃(ふねん)ごみと不燃性(ふねんせい)の粗大(そだい)ごみを細(こま)かく砕(くだ)くために使(つか)われています。可燃(かねん)ごみ焼却施設(しょうきゃくしせつ)では、木(き)でできた家具(かぐ)など、可燃性(かねんせい)の粗大(そだい)ごみを細(こま)かくする機械(きかい)があります。
はつでん

発電

ごみを燃やしたときに出る熱を利用して、ボイラ内で高温高圧の蒸気をつくり、蒸気タービンを回して発電します。1時間当たりの最大の発電量は****kwです。
ひばい

飛灰

ごみを焼却炉で燃やすときに、排ガスが出ます。排ガスには、チリやホコリのような細かい灰が混ざっています。この灰が、排ガスが汚れを取り除く集じん装置という機械を通るときに、集められます。これを飛灰といいます。飛灰は、有害な物質が混ざっているため、密閉式のタンクにためられます。
ふてきぶつ

不適物

ごみを燃やしたときに出る熱を利用して、ボイラ内で高温高圧の蒸気をつくり、蒸気タービンを回して発電します。1時間当たりの最大の発電量は****kwです。
ふねんごみ

不燃ごみ

燃(も)やさずに処理(しょり)をするごみです。おもにガラス製品(せいひん)や金属製品(きんぞくせいひん)などがあります。びんや缶(かん)などは、ルールに従(したが)って分別(ぶんべつ)して、決(き)められた場所(ばしょ)に出(だ)すことで、リサイクルすることができます。分別(べんべつ)ルールは、住んでいる場所(ばしょ)によって決(き)まっていて、分別(ぶんべつ)ハンドブックにルールが書(か)かれています。
ぷらすちっく

プラスチック

石油を原料にして作られる合成樹脂のことを言います。熱や圧力によって形を作ることができるため、生活のさまざま場面で多く利用されています。レジ袋やペットボトル、容器などでもよく利用されています。
便利な素材ですが、使い捨て製品も多く、社会問題にもなっています。マイバッグを利用したり、水筒などの繰り返し使える道具を利用することで、プラスチックの使用を減らすことができます。
もちろん、正しく分別することが重要です。リサイクルの森では、容器包装プラスチックをつぶしてブロックにする処理を行っています。
ぷらっとほーむ

プラットホーム

ごみ収集車がごみを集めて集まってくる場所です。集めたごみは、ごみ投入扉から、ごみピット受入部に投入します。
ぼいら

ボイラ

水を加熱して蒸気を発生させる装置です。リサイクルの森可燃ごみ焼却施設では、ごみを燃やしたときの熱をボイラで利用し、高温・高圧の蒸気をつくります。

ま行いちばん上に戻る

もふりん

モフリン

「リサイクルの森(もり)」マスコットキャラクター。
リサイクルの森(もり)見学者(けんがくしゃ)コースやイベントの時(とき)などに登場(とうじょう)します。森(もり)の仲間(なかま)たちのリーダー役(やく)です。
仲間(なかま)たちや皆(みな)さんと一緒(いっしょ)に、ごみのことや3R(すりーあーる)のことを勉強(べんきょう)していきます。
もりのなかまたち

森の仲間たち

リサイクルの森(もり)のリーダー モフリンの仲間(なかま)たちです。モフリンと一緒(いっしょ)にごみのことや3R(すりーあーる)のことを勉強中(べんきょうちゅう)です。

や行いちばん上に戻る

ようきほうそうぷらすちっく

容器包装プラスチック

商品(しょうひん)を包(つつ)んだり、入(い)れたりするためのプラスチック製(せい)の容器(ようき)のことをいいます。
正式にはプラスチック製(せい)容器包装(ようきほうそう)といいます。
リサイクルの森(もり)では、プラスチック圧縮梱包施設(あっしゅくこんぽうしせつ)で、容器包装(ようきほうそう)プラスチックをつぶして、ブロック状(じょう)に固(かた)める処理(しょり)をしています。ブロックは、リサイクル工場(こうじょう)に運(はこ)ばれて、リサイクル材料(ざいりょう)や製品(せいひん)になります。

ら行いちばん上に戻る

りさいくる

リサイクル

リサイクルとは使(つか)い終(お)わったものをもう一度(いちど)資源(しげん)にもどし製品(せいひん)を作つくることです。
正(ただ)しく分別(ぶんべつ)をすることで、より多(おお)くの資源(しげん)を有効活用(ゆうこうかつよう)することができます。
るーぷこいる

ループコイル

車(くるま)の金属(きんぞく)でできた部分(ぶぶん)に反応(はんのう)するセンサーです。
プラットホームへの出入口(でいりぐち)とごみを入(い)れる扉(とびら)の前(まえ)に取(と)り付(つ)けられています。車(くるま)が通(とお)ると金属(きんぞく)に反応(はんのう)して、自動的(じどうてき)に扉(とびら)が開(ひら)きます。

わ行いちばん上に戻る

わーくしょっぷ

ワークショップ

参加(さんか)する人が実際(じっさい)に作(つく)ってみたり、体験(たいけん)することで、学習(がくしゅう)することです。リサイクルの森(もり)では、体験教室(たいけんきょうしつ)やイベントを開催(かいさい)します。いっしょに工作(こうさく)やゲームを楽(たの)しみながら、ごみや環境(かんきょう)について、知(し)ることができるよ。
トップに戻る